対人恐怖症

対人恐怖症と性格の関係

対人恐怖症は、他人と接することに恐れを感じたり、極度に緊張してしまうことから、人付き合いに問題が出てしまう症状のことをいいます。
どのような人でも少しのきっかけで発症してしまうことがあるため、自分には関係がないとは考えないほうがいいでしょう。
もともとの性格による原因が大きいものの、なかなか自覚することができず、気付いた時には重度の対人恐怖症に陥っていたという人も少なくありません。
特にどういった性格の人は注意しておいたほうがいいのかというと、心配性の人です。
小さなことで深く悩んでしまい、あれこれ考えすぎてしまう人は注意しておかなければなりません。
その心配があまりにも深くなりすぎると、全て自分が悪いのではないか、周りの人に嫌われているのではないかと考えてしまい、人と接することに苦痛を感じることがあります。
考え込みすぎて夜中に何度も目を覚ましたことがある人、集中しすぎて人の声が全く耳に入ってこなかった経験がある人などは、対人恐怖症になる危険性を持っているといえます。
自分のことではなく、他人の心をさぐったり想像する癖がある人も注意しておいたほうがいいでしょう。
長年の経験を経て作られた性格は簡単に治すことができるものではありませんが、自分で意識しておくことにより、あまり深く考え込まずに済むこともあります。
もし、既に自分が対人恐怖症なのではないかと感じているのであれば、克服のために努力していきましょう。
関連サイト パニック障害・メニエル病・自律神経失調症・心因性の病

 

 

恐怖症・パニック障害を克服する方法

最短9分で恐怖症やパニック障害を改善する方法としてテレビ、雑誌でも話題の本田昌毅・精神科医の監修による「パニック障害改善プログラム」。

60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDを改善する鈴木進氏による「恐怖症改善60分チャレンジ」。もしも改善しなければ返金。

1日4分の自己催眠トレーニングで恐怖症を克服。大滝保医師による「脱!!恐怖症プログラム」。