対人恐怖症と思い込みについて

対人恐怖症と思い込みについて

対人恐怖症になってしまった場合、様々な場面で本来であれば考える必要がない思い込みをするようになってしまいます。
この病気の大きな特徴として、自分が人からどう思われているのか非常に気になってしまうという点が挙げられるでしょう。
例えば、自分の発言が相手の気分を害しているのではないかと気になって仕方がなくなることもあります。
そうなると、相手が自分に対して少し冷たい態度を取った時に、嫌われてしまった、何か悪いことをしたに違いない、もう仲直りすることはできないと思い込んでしまうのです。
対人恐怖症は、他人の目線が気になって仕方がない病気だともいうことができます。
しかし、これは病気であるため、それは気にしすぎだから考えないようにしたほうがいいといっても、聞く耳を持つ人は少ないでしょう。
ではどうすればいいのかというと、自分と他人を比較しないように注意することがポイントです。
他人と自分を比較してしまうから相手にどう思われているのかということが気になるわけなので、自分には自分の考えや個性があって当たり前だということを理解しましょう。
対人恐怖症の人の場合、このように考えることができるようになるまでにはどうしても時間がかかります。
人の目が気になるというのは誰にでもあることなので、対人恐怖症の人は自分が変わっていると考えないようにしたほうがいいです。
少しずつ心を鍛え、人の目を気にせずに過ごすことができるようにしましょう。

恐怖症・パニック障害を克服する方法

最短9分で恐怖症やパニック障害を改善する方法としてテレビ、雑誌でも話題の本田昌毅・精神科医の監修による「パニック障害改善プログラム」。

60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDを改善する鈴木進氏による「恐怖症改善60分チャレンジ」。もしも改善しなければ返金。

1日4分の自己催眠トレーニングで恐怖症を克服。大滝保医師による「脱!!恐怖症プログラム」。