対人恐怖症で人と話ができない場合の対処

対人恐怖症で人と話ができない場合の対処

対人恐怖症になってしまうと、人と話をすることに対して恐怖や不安を感じるようになります。
そうならないようにするためには、いくつかのポイントが挙げられます。
多くの場合は、自分が話したことで相手を不快にしてしまうのではないか、相手は自分の話をどう思っているのか、などを考えすぎて緊張してしまう特徴が挙げられるでしょう。
しかし、こういったことは少なからず誰でも考えているものです。
対人恐怖症の場合は、普通の人よりもそれらのことを深く考えすぎてしまうわけなのですが、人と話をすることで緊張したりすることは珍しいことではないと理解しましょう。
自分1人が変わっていると感じてしまうと人と話をする際に緊張しますが、相手も緊張していると考えれば、それほど気にならないはずです。
また、対人恐怖症の人は自意識過剰と言われるように、相手が自分の会話や表情を深く観察していると感じています。
しかし、ほとんどの場合はそれは思い込みで、自分で思っているほど話相手は気にしていないことが多いはずです。
相手がそれほど自分に注目していないと考えることができれば、あまり緊張せずに話すことができたという人もいます。
相手を不快にしたくないと考えすぎてしまうと、言葉を選びすぎるあまりに会話が止まったりすることもありますが、会話の中で失敗をすれば謝れば済むことです。
あまりあれこれと考えすぎると会話が難しくなってしまうので、できるだけ気軽に話すことを心がけてみてはどうでしょうか。

恐怖症・パニック障害を克服する方法

最短9分で恐怖症やパニック障害を改善する方法としてテレビ、雑誌でも話題の本田昌毅・精神科医の監修による「パニック障害改善プログラム」。

60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDを改善する鈴木進氏による「恐怖症改善60分チャレンジ」。もしも改善しなければ返金。

1日4分の自己催眠トレーニングで恐怖症を克服。大滝保医師による「脱!!恐怖症プログラム」。