対人恐怖症克服のための考え方

対人恐怖症克服のための考え方

対人恐怖症になってしまうと、普通の人とは少し考え方が変わってしまいます。
その考え方は、自分自身だけでなく周りも巻き込んでしまうマイナスなものであることが多く、症状が重くなるほど友人を失ってしまったり、場に溶け込むことができなくなることも考えられます。
考え方として常に心に置いておきたいことは、自分は普通であるということです。
対人恐怖症になると、自分が周りの人よりも劣っている、嫌われていると感じてしまいますが、そうではなく周りの人と平等であると考えましょう。
例え人と違う考えなどを持っていたとしても、それは異常なことではありません。
人によって考え方が違うのは当然のことでもあるため、意見の食い違いがあったとしても恥じることはないのです。
それから、相手の気持ちを深読みしすぎない工夫もしたほうがいいでしょう。
あの人はこう言っていたけれど本当はこのように感じているのではないか、というように深く考えすぎてしまうことも、対人恐怖症の人の癖です。
相手が言った言葉の裏を読んだりするのではなく、言葉通りの意味で受け止めるようにしましょう。
また、人によってはちょっとした言葉だけですぐにそこから考えられる1番悪い結末を想像してしまうことがあります。
会話の反応が悪かったからきっと嫌われた、友達ではなくなってしまう、悪い噂を流されて他の友達も失ってしまうというように連想して考えてしまうことがあるのです。
しかし、このようなことがないように、マイナスの考えを持ってしまったら早めにストップしましょう。

恐怖症・パニック障害を克服する方法

最短9分で恐怖症やパニック障害を改善する方法としてテレビ、雑誌でも話題の本田昌毅・精神科医の監修による「パニック障害改善プログラム」。

60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDを改善する鈴木進氏による「恐怖症改善60分チャレンジ」。もしも改善しなければ返金。

1日4分の自己催眠トレーニングで恐怖症を克服。大滝保医師による「脱!!恐怖症プログラム」。