対人恐怖症の薬

対人恐怖症の薬

対人恐怖症は自身の考え方を見直したりして治療を行っていくことになります。
しかし、それだけでは症状が改善しなかったり、考え方を見直そうにもうまくいかない場合には、薬による治療が取り入れられることになるでしょう。
精神系の薬と聞くと悪いイメージを持ってしまう人も多いですが、これは症状を改善させるためにとても効果的です。
イメージだけで悪いものと決めつけてしまうのではなく、それぞれの薬の働きを理解し、自分に合ったものを医師と相談しながら取り入れていくように心がけてみてはどうでしょうか。
対人恐怖症ではどのような薬が処方されるのかというと、一般的にSSRI・β遮断薬・抗不安薬の3種類の中から個人に合ったものが処方されることになります。
SSRIとは、もともとはうつ病のために開発された薬のことで、人前で話すことなどに対して不安を感じにくくする働きがあります。
ただ、飲み始めてすぐに効くというわけではないので、よく理解した上で服用をしましょう。
β遮断薬というのは、精神的な問題がきっかけで起こる震えや動悸を抑える働きがあります。
抗不安薬も、精神を安定させる効果がある薬となります。
これらが対人恐怖症治療のための薬として取り入れられていますが、薬である限りは副作用があることも理解しておかなければなりません。
薬によって眠気や吐き気などの症状が現れるため、病院で薬を処方されたら、その薬の副作用についても確認しておきましょう。

恐怖症・パニック障害を克服する方法

最短9分で恐怖症やパニック障害を改善する方法としてテレビ、雑誌でも話題の本田昌毅・精神科医の監修による「パニック障害改善プログラム」。

60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDを改善する鈴木進氏による「恐怖症改善60分チャレンジ」。もしも改善しなければ返金。

1日4分の自己催眠トレーニングで恐怖症を克服。大滝保医師による「脱!!恐怖症プログラム」。