遺伝が原因の対人恐怖症

遺伝が原因の対人恐怖症

親が対人恐怖症だった場合、その子供にも遺伝してしまうのではないかと不安になることがあるでしょう。
しかし、遺伝する可能性は非常に低く、対人恐怖症というのは生きていく中できっかけがあって発症するものだとされています。
そのため、親に症状が見られるからといって、自分もそうなってしまうとは限りません。
ただ、遺伝が関係していると思われるのは、全体の約5%前後となっていますが、全く関係がない話だとも言い切れないでしょう。
この5%前後というのは、遺伝子によるものというよりも、同じ生活環境が影響していると考えられます。
例えば、他人とあまり接することがない親の元で生活していた場合、自然に子供も人と接する機会が減ってしまうことがあります。
そういった中で人とうまく接する方法が分からず、対人恐怖症になってしまうことが考えられます。
遺伝の関係で自分も親と同じように人とうまく付き合えないのではないかと悩んでしまった場合、本来であればなんでもないことに恐怖を感じてしまうことがあります。
こういった事態を避けるために、遺伝の関係は深く考えすぎないようにしたほうがいいでしょう。
また、自分が対人恐怖症であることに悩んでいる人の場合、子供が大きくなっていく中で子供が人見知りであることに悩んでしまうこともあります。
しかし、考えすぎである可能性も大きく、それほど気にする必要はない場合がほとんどです。
小さいうちは人見知りでも、大人になるにつれて改善されていく人はたくさんいます。

恐怖症・パニック障害を克服する方法

最短9分で恐怖症やパニック障害を改善する方法としてテレビ、雑誌でも話題の本田昌毅・精神科医の監修による「パニック障害改善プログラム」。

60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDを改善する鈴木進氏による「恐怖症改善60分チャレンジ」。もしも改善しなければ返金。

1日4分の自己催眠トレーニングで恐怖症を克服。大滝保医師による「脱!!恐怖症プログラム」。