国民性が原因の対人恐怖症

国民性が原因の対人恐怖症

対人恐怖症という病気は、国によっては全く患者がいない病気でもあります。
というのも、日本人の国民性がこの病気の大きな原因になっていると考える人も多く、欧米ではほとんど見られない症状です。
なぜ日本人の国民性が関係しているのかというと、日本人は昔から村を作って集団で生活していたことが関係しています。
日本人に比べ、欧米は個人主義の国家でもあるため、人とは群れずに1人で行動することが多かったのです。
日本人は集団で行動する民族であるということは、集団から外れてしまった場合、生活していくのが困難であるということでもあります。
そういったことから、集団行動ができないことは恥ずかしい、悪いことだと頭のどこかで考えてしまう国民性だとされています。
これは、人とうまく付き合っていかなければならない、人に迷惑をかけることはあってはならないという考えにも繋がってしまうのです。
日本人の人を思いやる心は素晴らしいと世界からも評判ではありますが、その反動として対人恐怖症が生まれてしまったとされています。
周りになじめないことに対してどれくらい苦痛や焦りを感じるかというのは人によって違うため、日本人であれば誰でも対人恐怖症になってしまうというわけではありません。
ですが、国民性の問題が大きいことを考えると、日本人として生まれた限り、誰もが注意しておいたほうがいい病気の1つだといえるでしょう。
あまり対人恐怖症について考えすぎるのもよくありませんが、この症状を知っておくことは予防にも繋がります。

恐怖症・パニック障害を克服する方法

最短9分で恐怖症やパニック障害を改善する方法としてテレビ、雑誌でも話題の本田昌毅・精神科医の監修による「パニック障害改善プログラム」。

60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDを改善する鈴木進氏による「恐怖症改善60分チャレンジ」。もしも改善しなければ返金。

1日4分の自己催眠トレーニングで恐怖症を克服。大滝保医師による「脱!!恐怖症プログラム」。