軽度の対人恐怖症である場合の症状

軽度の対人恐怖症である場合の症状

対人恐怖症といっても症状は徐々に悪くなっていくものなので、できるだけ軽度と呼ばれる段階で気付き、治療に取り組むことが大切となります。
どういったものが軽度に分類されるのかというと、これは日常生活を送る上で支障がない程度の症状です。
例えば、人と話をするのがあまり得意ではないけれども逃げ出したいほどではない、スピーチをするのは嫌だけれど途中で声が出なくなったりすることはないというのが軽度の症状です。
こういったことは、特に珍しいことではないといえるでしょう。
日本人は人目を気にする民族だと言われるように、知らない人と話したり、人前で発表をすることが得意な人のほうが少ないと考えられます。
しかし、この症状がどんどん進んでしまうと対人恐怖症が中度、重度と進行してしまい、人前に出ることが難しい状態になってしまうことがあります。
他の人よりも人目を気にしている、他人の会話が気になるということに悩んでいるのであれば、早めに対策を取ったほうがいいでしょう。
精神内科ではカウンセリングなども行っているので、自分がどのようなことに気を付けていけばいいのかを知ることができます。
また、対人恐怖症が重くなってしまうと先生のアドバイスも裏を読んだりしてしまうことが増えるため、治療には時間がかかります。
症状が悪化してから1人で悩むのではなく、早く症状を改善させるためにも、対人恐怖症が中度、重度と進んでしまわないように気を付けたほうがいいです。

恐怖症・パニック障害を克服する方法

最短9分で恐怖症やパニック障害を改善する方法としてテレビ、雑誌でも話題の本田昌毅・精神科医の監修による「パニック障害改善プログラム」。

60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDを改善する鈴木進氏による「恐怖症改善60分チャレンジ」。もしも改善しなければ返金。

1日4分の自己催眠トレーニングで恐怖症を克服。大滝保医師による「脱!!恐怖症プログラム」。