過去の経験が原因の対人恐怖症

過去の経験が原因の対人恐怖症

対人恐怖症を発症してしまう理由は人によって大きく違いますが、よく見られるのが、過去のトラウマが原因で対人恐怖症を発症してしまったケースです。
例えば、小学生の頃にクラスの友達とは1人だけ違う意見を述べたところ、周りから仲間はずれにされてしまったとします。
この経験が心に大きな傷を作ってトラウマになってしまった場合、人から嫌われなくない、自分の考えや発言は間違っていないかと必要以上に考えすぎてしまうことがあるのです。
これは、必ずしも自分に起きた経験が関係しているとは限りません。
そのような状態に陥って苦しんでいる友達がいて、自分は同じ状態になりたくないという深い恐怖を感じた場合、トラウマに繋がってしまうこともあります。
ただ、このような経験をしたことがあったり、トラウマがある人でも、必ずしも対人恐怖症になるわけではありません。
それに加え、後ろ向きな性格、考えすぎてしまう性格などが関係しているとされているので、マイナス思考の人は注意しておいたほうがいいでしょう。
また、多くの場合は過去の経験でトラウマを持っていたとしても、それが何らかのきっかけで現れない限り、対人恐怖症になってしまうことはありません。
過去に起きた失敗と同じ失敗を犯してしまった時、似たような状態が続いた時がきっかけになることも多いので、そのような状態をできるだけ作らないようにすることも大切です。
発症を避けるためには、自分に自信を持つことが大切だといえるでしょう。

恐怖症・パニック障害を克服する方法

最短9分で恐怖症やパニック障害を改善する方法としてテレビ、雑誌でも話題の本田昌毅・精神科医の監修による「パニック障害改善プログラム」。

60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDを改善する鈴木進氏による「恐怖症改善60分チャレンジ」。もしも改善しなければ返金。

1日4分の自己催眠トレーニングで恐怖症を克服。大滝保医師による「脱!!恐怖症プログラム」。