生活環境が原因の対人恐怖症

生活環境が原因の対人恐怖症

対人恐怖症の原因は様々ですが、生活環境が深く関わっているケースが多いとされています。
発症の原因の1つとして、小さい頃に人とうまく接することができなかったことに対するトラウマが挙げられます。
小さい頃に転校などを繰り返す生活環境だった人は、人とうまく接することができなかった経験を持っていることも多いようです。
それから、すでにグループができあがってしまっているところに新しく習い事を学ぶために通い始め、孤立してしまったりすることもあるでしょう。
そのような生活環境にあった場合、対人恐怖症になってしまう可能性が考えられます。
また、大人になってからも生活環境が発症理由と深く関わっていることがあります。
自分に合う職が見つからずに様々な職場を転々としていていたり、出産や結婚によって生活環境が変わり、周りとうまく溶け込むことができないなどの悩みも発症原因に繋がるでしょう。
対人恐怖症を克服するためにも、生活環境について考えることが非常に大切だとされています。
場合によっては、生活環境を変えなければ症状を改善させることが難しく、医師から転職や転居を勧められることもある病気です。
今の生活環境を見直した際に、対人恐怖症の原因といえるものがありすぎると感じているのであれば、その環境を変えることも考えてみてはどうでしょうか。
症状が初期の段階であれば自分の努力や気持ちを切り替えるだけで対応できることも多いですが、重症になるほどそれが難しくなってしまいます。

恐怖症・パニック障害を克服する方法

最短9分で恐怖症やパニック障害を改善する方法としてテレビ、雑誌でも話題の本田昌毅・精神科医の監修による「パニック障害改善プログラム」。

60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDを改善する鈴木進氏による「恐怖症改善60分チャレンジ」。もしも改善しなければ返金。

1日4分の自己催眠トレーニングで恐怖症を克服。大滝保医師による「脱!!恐怖症プログラム」。