人見知りが原因の対人恐怖症

人見知りが原因の対人恐怖症

対人恐怖症である人が人見知りである可能性は高いですが、人見知りだからといって対人恐怖症であるとは限りません。
一般的には対人恐怖症のほうが症状が重いとされていますが、人見知りが悪化したことが原因で発症してしまうこともあるため、人見知りであると実感している人は注意したほうがいいでしょう。
人見知りはどのような症状のことをいうのかというと、内気で人とうまく話をすることができないといった症状がみられます。
しかし、それほど思いつめてしまうことはあまりなく、人と話すのが苦手だと感じるものの、日常生活においてそれほど不便さを感じることはないでしょう。
それから、あまりたくさんの人と接したことがない子供のうちは、人見知りになってしまったとしても仕方がないと考えられます。
小学校や中学校、高校を通してたくさんの人と知り合っていく中で、徐々に人見知りが改善されていく人ばかりです。
対人恐怖症という病気について知ってしまうと、自分もそうなのではないかと不安になってしまう人もいるようですが、あまり考えすぎないようにしましょう。
人見知りは治療を行わなくても自然に改善していくことが多いため、考えすぎると逆効果になってしまうことがあります。
一方、対人恐怖症は治療を行わなければなかなか状態を改善させることができません。
必ずしも薬を服用する必要はありませんが、認知療法などを取り入れ、専門家の話を聞きながら症状を改善させていきましょう。

恐怖症・パニック障害を克服する方法

最短9分で恐怖症やパニック障害を改善する方法としてテレビ、雑誌でも話題の本田昌毅・精神科医の監修による「パニック障害改善プログラム」。

60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDを改善する鈴木進氏による「恐怖症改善60分チャレンジ」。もしも改善しなければ返金。

1日4分の自己催眠トレーニングで恐怖症を克服。大滝保医師による「脱!!恐怖症プログラム」。