コンプレックスが原因の対人恐怖症

コンプレックスが原因の対人恐怖症

対人恐怖症の原因の一つとして挙げられるのが、コンプレックスに関係するものです。
幼いころからのコンプレックスが対人恐怖症として現れてしまうことも多く、コンプレックスを解消することもこの病気の予防法として知られています。
例えば、顔に自信がないという人の場合、顔を見られるのが嫌なために人の目を見て話をすることができず、人と話をすることを避けるようになる場合があります。
そうなると、話をすることが怖いことだと考えるようになってしまい、人と話ができなくなります。
また、太っていることがコンプレックスである場合、外を歩くのが嫌になって引きこもりになってしまうこともあるでしょう。
対人恐怖症に陥りやすい人は、人から言われたことなどを深く受け止めすぎてしまうため、ちょっとしたことでも考え込んでしまうのが特徴です。
コンプレックスは誰にでもあるものですが、自分のコンプレックスを考えすぎてしまうと、自分に自信が持てず、人と距離を置くようになります。
コンプレックスを認めて堂々とするのが難しいと思ってしまう人もいるものの、少しずつ認めていけるように努力しましょう。
顔に自信がないのであれば、メイクをしたり髪型を変えるなども工夫の1つです。
太っていることがコンプレックスなのであれば、ダイエットに成功して痩せることができれば自信を持つことができるようになるのではないでしょうか。
対人恐怖症になってからだと対策が難しいので、予防を心がけることが大切です。

恐怖症・パニック障害を克服する方法

最短9分で恐怖症やパニック障害を改善する方法としてテレビ、雑誌でも話題の本田昌毅・精神科医の監修による「パニック障害改善プログラム」。

60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDを改善する鈴木進氏による「恐怖症改善60分チャレンジ」。もしも改善しなければ返金。

1日4分の自己催眠トレーニングで恐怖症を克服。大滝保医師による「脱!!恐怖症プログラム」。