対人恐怖症が原因のうつ

対人恐怖症が原因のうつ

対人恐怖症とうつは非常に似た症状だと言われることがありますが、違う点も多々あります。
ただ、対人恐怖症が悪化してうつを発症してしまうこともあるため、できるだけ早く治すことができるように工夫することが大切です。
どちらも悲観的な考え方をしてしまうという点では同じだということができます。
また、どちらも心が深く関係している病気だという点でも似ており、症状を改善させるためには、自分自身を振り返り、見つめ直すことが重要となります。
自分1人の力ではなかなか症状を改善させることができないため、医師など専門家の意見も参考にしてみてはどうでしょうか。
どちらも非常につらい症状となるため、思いつめてしまう人が非常に多いです。
長く苦しめば苦しむだけ精神的にも疲れ果ててしまうでしょう。
それから、頑張ってしまうと症状が悪化してしまうことも多いため、無理をしすぎないことも忘れてはいけません。
早く症状を改善させようと無理をすれば逆効果になってしまうこともあります。
どのように注意していきたいのかというと、対人恐怖症の症状が強く出てしまった場合、それを放置しないということを心がけましょう。
学校や職場に行きたくなくなってしまい、家に閉じこもったままの状態が数週間続くと、うつ病になってしまうことがあるからです。
うつ病になると更に対人恐怖症も悪化してしまうことになるため、自分自身で様子がおかしいと思ったら、精神科医などに相談してみてはどうでしょうか。

恐怖症・パニック障害を克服する方法

最短9分で恐怖症やパニック障害を改善する方法としてテレビ、雑誌でも話題の本田昌毅・精神科医の監修による「パニック障害改善プログラム」。

60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDを改善する鈴木進氏による「恐怖症改善60分チャレンジ」。もしも改善しなければ返金。

1日4分の自己催眠トレーニングで恐怖症を克服。大滝保医師による「脱!!恐怖症プログラム」。