対人恐怖症チェック

対人恐怖症チェック

人と話をするのが苦手であれば、全ての人が対人恐怖症というわけではありません。
この症状にはいくつかの共通点があるので、次のことにどれくらい多くあてはまるか考えてみましょう。
まず、知り合いがいなかったとしても、電車内やバスの中で周りに人がいるとどこを見ていればいいのか分からないということはないでしょうか。
それから、帽子をかぶっていたり、サングラスをしているほうが落ち着くという人も注意しておきましょう。
また、文字を書く時にそれを誰かに見られている場合、緊張してうまく文字が書けないというのも、対人恐怖症に見られる症状です。
人との接し方についてですが、周りにいる人が自分の悪口を言っているのではないかと常に考えてしまったり、自分が人と話している時に相手は自分の発言をどう思っているか考えすぎている人も危険です。
対人恐怖症というと、とても深い精神的病気のように聞こえますが、一種のあがり症です。
あがり症がどういうものかというのは、多くの人が想像できるでしょう。
知らない人と話をする時に緊張するということはそれほど珍しいことではありませんが、その症状が重すぎた場合、私生活に悪影響をもたらしてしまうことがあります。
何か大きなきっかけがあって、ある日突然に対人恐怖症になってしまうこともあるので、軽いあがり症だと実感している人は、早めに克服できるように努力しましょう。
どちらも時間がかかったとしても治すことができる症状だとされています。

恐怖症・パニック障害を克服する方法

最短9分で恐怖症やパニック障害を改善する方法としてテレビ、雑誌でも話題の本田昌毅・精神科医の監修による「パニック障害改善プログラム」。

60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDを改善する鈴木進氏による「恐怖症改善60分チャレンジ」。もしも改善しなければ返金。

1日4分の自己催眠トレーニングで恐怖症を克服。大滝保医師による「脱!!恐怖症プログラム」。