対人恐怖症患者への周りの正しい対応

対人恐怖症患者への周りの正しい対応

家族や友達などで対人恐怖症の人がいる場合、どのように接してあげればいいのかが分からず、距離を置いてしまう人もいます。
しかし、距離を置いてしまったことが原因で対人恐怖症が悪化してしまうこともあるので、接し方についても考えておくといいでしょう。
まず、無理に早く治しなさいとプレッシャーをかけないことが大切です。
患者本人が誰よりも早く治したいと思っているのですが、簡単にはそれができないのが心の病なのです。
そこに周りからプレッシャーをかけてしまうと、相手に非常につらい思いをさせてしまうこともあります。
人からどう思われているのかが気になって仕方がない病でもあるため、周りのちょっとした一言が患者の心を大きく傷つけてしまうこともあります。
ですから十分な注意が必要です。
慣れるまでは難しい話ですが、患者の言葉や行動を受け入れる広い心を持ちましょう。
一般的には理解できないような言動を取っていたとしても、それを強く否定するのではなく、見守ってあげることが大切です。
無理に近付いて助けようとすると、それが逆効果になってしまうこともあります。
対人恐怖症患者のほうで何か治療を行っているようであれば、それを優しく見守ってあげましょう。
いろいろ口出しをしてしまうとそれが相手にとって負担になってしまうため、まずは対人恐怖症という病気について正しく理解することも重要になるでしょう。
病気について理解しなければ、接し方も分かりません。

恐怖症・パニック障害を克服する方法

最短9分で恐怖症やパニック障害を改善する方法としてテレビ、雑誌でも話題の本田昌毅・精神科医の監修による「パニック障害改善プログラム」。

60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDを改善する鈴木進氏による「恐怖症改善60分チャレンジ」。もしも改善しなければ返金。

1日4分の自己催眠トレーニングで恐怖症を克服。大滝保医師による「脱!!恐怖症プログラム」。