対人恐怖症を疑ったら

対人恐怖症を疑ったら

対人恐怖症は珍しい病気ではなく、日本人にとっては身近な病気だといえるでしょう。
かなり軽度のものを含めると、10人のうち1人は対人恐怖症だといわれるほどです。
人とうまく話すことができないというだけでこの病気であると判断することはできませんが、声が出なくなるほど緊張したり、たくさん汗をかいてしまうという場合には、可能性を疑ったほうがいいでしょう。
病気の可能性を疑ったとしても、あまり悩みすぎないようにしたいところです。
悩みすぎると、それがきっかけで症状が重くなってしまうこともあるため、まずは自分が本当に対人恐怖症なのかどうか確認しましょう。
判断基準は医師などによって異なりますが、精神科の医師に相談したほうが判断しやすいです。
この病気は20代から30代の女性に多いとされていますが、それ以外の年代の人が発症することももちろんあります。
また、男性でも発症率が低いわけではないので、日本人である限り誰でも発症する可能性があると考えておいたほうがいいでしょう。
軽度のうちであれば、自宅でできるトレーニングなどで症状が緩和することもあります。
例えば、鏡の中の自分を他人だと想像し、自分の目をみて会話をするミラートレーニングなどが有名です。
これは会社などでも鏡がある場所ならばどこでもできるので、実践してみてはどうでしょうか。
対人恐怖症の人は会話中の自分の表情が気になることも多いですが、鏡を利用すれば自分の表情を理解することができるので、笑顔の練習などにも活用することができます。

恐怖症・パニック障害を克服する方法

最短9分で恐怖症やパニック障害を改善する方法としてテレビ、雑誌でも話題の本田昌毅・精神科医の監修による「パニック障害改善プログラム」。

60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDを改善する鈴木進氏による「恐怖症改善60分チャレンジ」。もしも改善しなければ返金。

1日4分の自己催眠トレーニングで恐怖症を克服。大滝保医師による「脱!!恐怖症プログラム」。