中度の対人恐怖症である場合の症状

中度の対人恐怖症である場合の症状

中度と呼ばれるほどに対人恐怖症が進行してしまった場合、社会と関わることに対し、苦痛を感じてしまうことがあります。
人と話をしている最中の相手のちょっとした反応で、相手を傷つけてしまった、不快にさせたと後悔します。
こういったことが原因で会話に参加することができなくなり、自然に人と距離を置くようになってしまうことも珍しくありません。
また、家族と会話をするのには苦痛を感じることはないものの、スーパーやコンビニでレジスタッフとのちょっとしたやりとりの際にも不安や恐怖を感じることがあります。
人前で話をしなければならない機会があった場合、それを想像するだけで言葉が詰まってしまったり、赤面し、汗をかくこともあるでしょう。
こういった症状が出るようになってから、やっと対人恐怖症であるということを自覚する人が多いです。
できれば生活に支障がない軽度のうちに症状を改善させておくのが理想なのですが、中度でも適切な治療を行うことにより比較的早く状態を改善させることができます。
人前で話をしたり、何かをするということは、普通の人でも緊張してしまうことです。
そのため、自分は対人恐怖症だから他人に迷惑をかけてしまうと考えるのではなく、ある程度の緊張は当然のことであると考えましょう。
自分で自分を追い込んでしまい、対人恐怖症が悪化してしまうこともあるので、注意が必要です。
重度になると症状を改善するのに時間がかかるため、できるだけ早く治しましょう。

恐怖症・パニック障害を克服する方法

最短9分で恐怖症やパニック障害を改善する方法としてテレビ、雑誌でも話題の本田昌毅・精神科医の監修による「パニック障害改善プログラム」。

60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDを改善する鈴木進氏による「恐怖症改善60分チャレンジ」。もしも改善しなければ返金。

1日4分の自己催眠トレーニングで恐怖症を克服。大滝保医師による「脱!!恐怖症プログラム」。