重度の対人恐怖症である場合の症状

重度の対人恐怖症である場合の症状

対人恐怖症の症状が非常に重くなってしまった場合、外に出ることが困難になります。
というのも、知り合い以外の人は全て怖いという考え方になってしまうことが多いため、他人がいる外に出るのが難しくなってしまうのです。
知らない人が近くにいると思うと、それだけで呼吸が苦しくなり、貧血になってしまう人もいるほどです。
重度といっても人によって症状は異なりますが、最終的には引きこもりになってしまう可能性もあります。
軽度から中度の段階では家族と話をすることは問題ないものの、重度になると家族と接することも困難になり、部屋から1歩も外に出ることができなくなってしまうケースもあるようです。
これは精神的な面での問題となりますが、重度の対人恐怖症になってしまった場合、食欲がなくなってしまい、お腹が空いているのに食事を取ることができなくなったりします。
このような症状が長続きしてしまうと様々な病気の可能性が出てきてしまうので、早めに対策を取りましょう。
重度になると心を安定させるために薬も取り入れていくことになりますが、人によって合う薬には違いがあります。
そのため、すぐに症状を改善させることができるのかというと、必ずしもそうだとはいえないでしょう。
合う薬を探すだけでも時間がかかることなので、対人恐怖症の治療には時間がかかるということを理解しなければなりません。
重度の時期が長く続くと、それだけ治りにくくなるということは理解しておいたほうがいいです。

恐怖症・パニック障害を克服する方法

最短9分で恐怖症やパニック障害を改善する方法としてテレビ、雑誌でも話題の本田昌毅・精神科医の監修による「パニック障害改善プログラム」。

60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDを改善する鈴木進氏による「恐怖症改善60分チャレンジ」。もしも改善しなければ返金。

1日4分の自己催眠トレーニングで恐怖症を克服。大滝保医師による「脱!!恐怖症プログラム」。