対人恐怖症と学校

対人恐怖症と学校

対人恐怖症になってしまうと様々な場面で苦痛や不安を感じることが増えます。
学校での生活もその1つで、人と話をするのが嫌で学校を辞めたいと感じてしまうこともあるでしょう。
しかし、学校を辞めたいと考える人は少なくないため、自分だけがおかしいのだとは考えないことが大切です。
ただ、学校生活では集団行動を強いられることも多く、授業中も先生に指名されるのではないかとびくびくしながら過ごしている人もいます。
体育の時間などでは、クラスの人たちと集団行動をすると自分のせいで周りに迷惑をかけてしまうのではないかと焦ってしまい、思わぬミスをしてしまうこともあるでしょう。
対人恐怖症が中度から重度と呼ばれる状態になると、学校でも浮いた状態になってしまうことが多く、下手をするといじめの対象になってしまうことも考えられます。
それから、病気やけがで長期的に休んでしまった場合、休み明けに学校での生活に対して居心地が悪いと感じることもあるようです。
休んでいる間に学校でイベントなどがあった場合、それらの会話に参加することができず、孤立しているように思うこともあります。
対人恐怖症の関係でどうしても学校に通うことができないのであれば、夜間学校や通信制の学校など、なにか選択できるものがないか考えてみてもいいでしょう。
無理をして学校に通い続け、結果的にひどいうつ病になってしまったという人もいます。
小学生や中学生のうちは自分で苦痛を訴えることが難しいので、親が注意して様子を伺ってあげることも大切です。

恐怖症・パニック障害を克服する方法

最短9分で恐怖症やパニック障害を改善する方法としてテレビ、雑誌でも話題の本田昌毅・精神科医の監修による「パニック障害改善プログラム」。

60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDを改善する鈴木進氏による「恐怖症改善60分チャレンジ」。もしも改善しなければ返金。

1日4分の自己催眠トレーニングで恐怖症を克服。大滝保医師による「脱!!恐怖症プログラム」。