対人恐怖症と表情

対人恐怖症と表情

対人恐怖症の一種とされているものに、表情恐怖症と呼ばれるものがあります。
どのような症状が見られるのかというと、自分の顔が非常に醜いと思い込んでしまい、人と話をするのが怖くなるものです。
周りからとても醜いと思われているために目を合わせて話をすることができない、周りの人がみんな自分の顔をバカにしていると思い込んでしまうこともあります。
自分の顔が醜いと思われていると勘違いしてしまうと、人と接することを避けるようになり、次第に引きこもりがちになってしまうため、重度の対人恐怖症に繋がりやすいです。
顔に関するコンプレックスを持っている人は少なくありませんが、表情恐怖症はそれが重度のコンプレックスになってしまうため、非常に強く悩んでしまうのです。
また、おかしいと思われない顔を作ろうとするあまり、人と話をする際に表情が強張り、かえっておかしな表情になってしまうことがあります。
顔が痙攣したり、ひきつってしまうこともあるため、会話をしているとそれを指摘され、更に症状が悪化させてしまうことも考えられるでしょう。
表情恐怖症を改善していくためには、相手と話をしている際に、話に集中するのがコツだと言われることがあります。
これは、話に集中することによって、自分の顔に関するコンプレックスを忘れるというのが大きな目的です。
表情恐怖症は対人恐怖症の中では珍しくない症状ですが、対人恐怖症が悪化することがないように、あまりコンプレックスを気にしすぎないようにしましょう。

恐怖症・パニック障害を克服する方法

最短9分で恐怖症やパニック障害を改善する方法としてテレビ、雑誌でも話題の本田昌毅・精神科医の監修による「パニック障害改善プログラム」。

60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDを改善する鈴木進氏による「恐怖症改善60分チャレンジ」。もしも改善しなければ返金。

1日4分の自己催眠トレーニングで恐怖症を克服。大滝保医師による「脱!!恐怖症プログラム」。