対人恐怖症と睡眠不足

対人恐怖症と睡眠不足

対人恐怖症に悩まされている人の中には、睡眠障害を抱えている人が多く見られます。
これは、常に精神的に安定しない状態にあるため、質の良い睡眠を取ることが難しいというのが大きな理由です。
しかし、質の良い睡眠を取ることができないようだと、寝不足が原因のストレスに繋がってしまいます。
目の下にクマができるほどの寝不足に悩まされてしまう人もいますが、そうなると次はクマがおかしいと笑われるのではないかと考えてしまい、更に対人恐怖症に影響を与えてしまうこともあるので注意しましょう。
具体的にどのような睡眠障害が現れるのかというと、なかなか眠りにつくことができなかったり、眠ることができたとしても朝までの間に目を覚ましてしまうという症状が挙げられます。
他にも、起きる予定の時間よりもかなり早く目を覚ましてしまったり、十分な睡眠時間を取ることができたはずなのに体から疲れが抜けないと感じてしまうこともあります。
精神科などで睡眠薬を処方してもらい、薬を飲んで無理やり眠りについている人もいますが、これは根本的な解決とはいえません。
睡眠障害の原因が対人恐怖症にある場合は、病気を克服することが睡眠障害を治すための手段となるでしょう。
ですが、中には対人恐怖症が原因だと思っていたものの、睡眠環境などに原因があったというケースもあります。
合わない寝具を使っていたり、眠る直前に何かを食べているなどの原因がないか考えることも大切になるでしょう。

恐怖症・パニック障害を克服する方法

最短9分で恐怖症やパニック障害を改善する方法としてテレビ、雑誌でも話題の本田昌毅・精神科医の監修による「パニック障害改善プログラム」。

60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDを改善する鈴木進氏による「恐怖症改善60分チャレンジ」。もしも改善しなければ返金。

1日4分の自己催眠トレーニングで恐怖症を克服。大滝保医師による「脱!!恐怖症プログラム」。