対人恐怖症は特殊な病気なのか

対人恐怖症は特殊な病気なのか

勘違いされやすいのですが、対人恐怖症というのは決して特殊な病気ではありません。
日本人は他の国の人に比べて発症率が高いとされていますが、すぐ近くにいる友達が発症したり、自分自身がこの症状に悩まされてしまうことも珍しくはないのです。
あがり症が酷くなったものが対人恐怖症だともいえるので、あがり症患者の数を想像すれば、日本人にとって全く珍しい病気ではないことが想像できるでしょう。
ただ、中には本当はそうではないのに、自分で勝手に対人恐怖症だと思い込んでしまっているケースもあります。
人とうまく話すことができないのは病気のせいだと決めつけてしまい、状況を改善するための努力を怠ってしまう人もいるようです。
特に、自意識が過剰な人はこの病気を発症してしまう可能性が高いとされているので気を付けましょう。
また、神経質な人も発症率が高いため、日頃からあまり考えこまないように意識しておいたほうがいいといえます。
この病気は、症状が悪化すれば悪化するほど自分を追いつめてしまうという特徴があるため、なかなか人に相談することができなくなってしまいます。
そのため、できるだけ軽度から中度と呼ばれる段階で対策を取ることが重要です。
また、職場や学校で対人恐怖症に出会ってしまうこともあります。
その場合は、相手のことをおかしいと感じて突き放してしまうのではなく、対人恐怖症患者と向き合って接していくにはどうすればいいのか理解してあげましょう。

恐怖症・パニック障害を克服する方法

最短9分で恐怖症やパニック障害を改善する方法としてテレビ、雑誌でも話題の本田昌毅・精神科医の監修による「パニック障害改善プログラム」。

60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDを改善する鈴木進氏による「恐怖症改善60分チャレンジ」。もしも改善しなければ返金。

1日4分の自己催眠トレーニングで恐怖症を克服。大滝保医師による「脱!!恐怖症プログラム」。