対人恐怖症

遺伝が原因の対人恐怖症

親が対人恐怖症だった場合、その子供にも遺伝してしまうのではないかと不安になることがあるでしょう。しかし、遺伝する可能性は非常に低く、対人恐怖症というのは生きていく中できっかけがあって発症するものだとされています。そのため、親に症状が見られるからといって、自分もそうなってしまうとは限りません。ただ、遺伝が関係していると思われるのは、全体の約5%前後となっていますが、全く関係がない話だとも言い切れないでしょう。この5%前後というのは、遺伝子によるものというよりも、同じ生活環境が影響していると考えられ...

≫続きを読む

 

国民性が原因の対人恐怖症

対人恐怖症という病気は、国によっては全く患者がいない病気でもあります。というのも、日本人の国民性がこの病気の大きな原因になっていると考える人も多く、欧米ではほとんど見られない症状です。なぜ日本人の国民性が関係しているのかというと、日本人は昔から村を作って集団で生活していたことが関係しています。日本人に比べ、欧米は個人主義の国家でもあるため、人とは群れずに1人で行動することが多かったのです。日本人は集団で行動する民族であるということは、集団から外れてしまった場合、生活していくのが困難であるというこ...

≫続きを読む

 

過去の経験が原因の対人恐怖症

対人恐怖症を発症してしまう理由は人によって大きく違いますが、よく見られるのが、過去のトラウマが原因で対人恐怖症を発症してしまったケースです。例えば、小学生の頃にクラスの友達とは1人だけ違う意見を述べたところ、周りから仲間はずれにされてしまったとします。この経験が心に大きな傷を作ってトラウマになってしまった場合、人から嫌われなくない、自分の考えや発言は間違っていないかと必要以上に考えすぎてしまうことがあるのです。これは、必ずしも自分に起きた経験が関係しているとは限りません。そのような状態に陥って苦...

≫続きを読む

 

生活環境が原因の対人恐怖症

対人恐怖症の原因は様々ですが、生活環境が深く関わっているケースが多いとされています。発症の原因の1つとして、小さい頃に人とうまく接することができなかったことに対するトラウマが挙げられます。小さい頃に転校などを繰り返す生活環境だった人は、人とうまく接することができなかった経験を持っていることも多いようです。それから、すでにグループができあがってしまっているところに新しく習い事を学ぶために通い始め、孤立してしまったりすることもあるでしょう。そのような生活環境にあった場合、対人恐怖症になってしまう可能...

≫続きを読む

 

人見知りが原因の対人恐怖症

対人恐怖症である人が人見知りである可能性は高いですが、人見知りだからといって対人恐怖症であるとは限りません。一般的には対人恐怖症のほうが症状が重いとされていますが、人見知りが悪化したことが原因で発症してしまうこともあるため、人見知りであると実感している人は注意したほうがいいでしょう。人見知りはどのような症状のことをいうのかというと、内気で人とうまく話をすることができないといった症状がみられます。しかし、それほど思いつめてしまうことはあまりなく、人と話すのが苦手だと感じるものの、日常生活においてそ...

≫続きを読む

 

コンプレックスが原因の対人恐怖症

対人恐怖症の原因の一つとして挙げられるのが、コンプレックスに関係するものです。幼いころからのコンプレックスが対人恐怖症として現れてしまうことも多く、コンプレックスを解消することもこの病気の予防法として知られています。例えば、顔に自信がないという人の場合、顔を見られるのが嫌なために人の目を見て話をすることができず、人と話をすることを避けるようになる場合があります。そうなると、話をすることが怖いことだと考えるようになってしまい、人と話ができなくなります。また、太っていることがコンプレックスである場合...

≫続きを読む

 

対人恐怖症が原因のうつ

対人恐怖症とうつは非常に似た症状だと言われることがありますが、違う点も多々あります。ただ、対人恐怖症が悪化してうつを発症してしまうこともあるため、できるだけ早く治すことができるように工夫することが大切です。どちらも悲観的な考え方をしてしまうという点では同じだということができます。また、どちらも心が深く関係している病気だという点でも似ており、症状を改善させるためには、自分自身を振り返り、見つめ直すことが重要となります。自分1人の力ではなかなか症状を改善させることができないため、医師など専門家の意見...

≫続きを読む

 

恐怖症・パニック障害を克服する方法

最短9分で恐怖症やパニック障害を改善する方法としてテレビ、雑誌でも話題の本田昌毅・精神科医の監修による「パニック障害改善プログラム」。

60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDを改善する鈴木進氏による「恐怖症改善60分チャレンジ」。もしも改善しなければ返金。

1日4分の自己催眠トレーニングで恐怖症を克服。大滝保医師による「脱!!恐怖症プログラム」。